コンテンツ

床の水漏れの原因は排水管のつまりかも

キッチンなどの床を見てみると、濡れているということがあります。排水管のつまりが原因の可能性があります。排水管 水漏れが発生している場合の対処法などについて以下で詳しく解説していきます。

■パイプ周りをまずは確認

床が濡れているようであれば、シンク下の排水パイプを見てみましょう。もしパイプ周辺の床に染み出るような水の流れた痕跡があれば、水漏れ発生箇所と考えていいです。この場合、まずその個所の水を使用しないように注意しましょう。水道を使わない分、漏水は起こらないからです。この手の水漏れの場合、パイプ内部でつまりが発生していることが考えられます。つまっていき場を失った下水が逆流などを起こして、あふれ出てしまうのです。

■業者を呼んで修理依頼しよう

排水管のつまりが原因の水漏れの場合、素人が無理に自分で修理するのは賢明ではないです。専門知識のない人が無理に見よう見まねで修理すると、かえって重症になってしまい、大掛かりな修理が必要になってしまうからです。また素人ではその原因も特定できない場合があります。排水だけでも経路が複雑です。このため、よく調べてみると自分が思っている原因と違ったというパターンも珍しくありません。

■まとめ
床が濡れている場合、排水管で水漏れの起きている可能性が高いです。その原因はつまりで、水の行き場がなくなって逆流し、パイプとのつなぎ目などから漏水を起こすことがあります。無理に自分たちで何とかするのではなく、業者に問い合わせて、対応してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ