コンテンツ

床の水漏れの原因が排水管だった場合の対処法

床が濡れている原因で多いのは、排水管の水漏れによるものです。もし実際に排水管 水漏れが発生した場合、具体的な対処法について以下で詳しく紹介します。

■排水管からの水漏れの対処法

もし床が濡れていて、排水管からの漏水の可能性が大となったと仮定します。その場所で水道を使用しないことです。排水管であれば、水さえ使用しなければそれ以上症状は悪化しないからです。特に発生箇所がキッチンやトイレの場合、油分や汚水によって悪臭を放つので水の使用は速やかに止めたほうがいいです。一般的な傾向として、排水管の修理を素人で完全に行うのは困難と考えられます。専門業者にお願いしたほうが迅速に復旧する可能性は高いでしょう

■家財道具の保護も行う

場所によっては、周辺に家財道具があるかもしれません。木製のアイテムだと濡れてしまって、後々カビが生えたり腐食したりする恐れがあります。また電化製品であれば、故障する恐れも視野に入れないといけません。ですから濡れないように保護することも大切です。家具や電化製品のサイズなどを見て、もし自分たちで動かせるものがあれば別の部屋に避難させます。大きな家具など移動が困難なら、ビニールシートやタオルなどで養生しましょう。

■まとめ
排水管の水漏れの場合、知識の浅い素人が手を出すよりは業者に作業をお願いしたほうがいいです。しかし水を流さない、ほかの自宅のアイテムを濡らさないように対処するなど自分でできる対策もいくつかあります。これにより被害が広がらずに済むため、迅速に対処することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ