コンテンツ

排水管や水道管の水漏れはまずは確認から

自宅のある個所が濡れていると、「水漏れが起きている」と思ってしまいがちです。確かに水道管や排水管で漏水が起きている可能性もあります。しかし一方でただの勘違いということもありうるので、まずはどこで漏れが発生しているか確認しましょう。

■電化製品の故障の可能性も

濡れている個所が魔法瓶や加湿器などの周辺であれば、この家電製品が故障している可能性が高いです。電化製品の配置を変えると、濡れる場所も変わる場合には故障と考えるべきです。ほかにも住宅の構造上湿気の溜まりやすい場所があって、そこが濡れるケースもあります。濡れている個所があれば水漏れと安易に考えないほうがいいです。

■目視で確認しよう

上で紹介した電化製品ではなければ、水道管や排水管を目視で確認することです。もし濡れている、水がポタポタ垂れているのであれば、そこが水漏れの発生箇所です。上から順番に追っていくと見落とすことも少なくなります。ただし水道管や排水管は壁の向こう側を走っている個所もあります。この場合、壁に耳を当ててみましょう。それで音がすれば、その周辺で何らかの異常が起きていると推測できます。

■まとめ
水漏れの箇所が特定できれば、水道業者が来たときにその場所を指摘して、スムーズに作業に入れます。しかし素人ではなかなか特定できないケースもあります。特に音で判断するのは難しいです。その場合には業者に任せて、排水管 水漏れなどの診断から修理までをお願いすべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ